ノイカンパニー

話題を発信‼︎

マジックが大好きでした

こんばんは(!

今回は、私の趣味である、マジックについて書きます。

 

マジックって、油性ペンじゃないですよ!(笑)

手品のほうです。

中学校時代、私は部活動から帰ってきたら、毎日トランプを触っていました。

おかげで、トランプを、自由自在に操れます。

今でも、衰えてはいるものの、トランプをシャッフルしたり、片手で半分にしてみたり、手の上でトランプを踊らせることができます。

神戸のとあるショッピングモール内にマジックショップがありました。

今は場所が移動されていますが、当時は、ショッピングモール内にあったので、よく通いつめていました。

ひとりで行くのは自身がなかったので、友人について来てもらっていました。

このマジックショップにいる店員さんは、すごくダンディーでかっこよく、トランプ捌きは一流でした。

この方のトランプ捌きをみて、マジックの世界に、私も、ついてきてくれた友人も、どっぷりはまりました。

マジックショップの店員さんはすごくトーク力があり、マジックを疲労している最中に、いま、どのような現象が起こっているのか、を説明するのですが、分かりやすく、どこに集中してみると面白いのかの説明がうまいので、マジックを見ていて楽しく、また、マジックの世界に引き込まれていました。

マジックって、今はテレビ番組で種明かしなんかもやってくれますよね。

マジックを覚えるには、マジックしてる人に種明かししてもらうか、テレビで覚えるか、100円ショップで売っているマジックの道具を買うかだと思います。

マジックをするのにお金がかからないとマジックを真剣に取り組んでいない方は思っているかと思います。

しかし、実際にはお金を払って、マジックの種を教えてもらうのです。

(なぜ種って言うのか疑問ですが...)

子供がするマジックって、大人が見たら種が分かってしまいそうなものが多いかと思います。

それは、驚きのレベルがそんなに高くないからです。

プロのマジシャンがテレビで披露するマジックは見ている人みんなが驚き、種が全く分からないですよね。

しかし、マジックショップでは、テレビでマジシャンが披露したマジックの種はだいたい売っています。

2000円から4000円ぐらいだったと個人的に思います。

あの驚きを私が披露してみんなを驚かせると思ったら、がんばって貯めたお小遣いをだして買っていました。

当時、中学生だったのでアルバイトは当然していません。なので収入源は親からもらうお小遣いだけです。私の家庭は裕福ではなくどちらかというと、貧しい方です(汗)

なので、ひとつの種を買うのにすごく迷って決めていました。

実際、マジックの種を買って、覚えて、披露すると、いつもの何倍も驚かれ、買ったかいがありました。

すごいマジックの種には、それ相応のお金がかかるのです。

しかし、中学生の私は、いかにお金をかけずにマジックを覚えられるか、常日頃考えておりました。

考え付いた答えは、本を読むことです。

マジックの入門書は、本屋に行けばだいたい置いてあります。

この入門書でしっかり勉強すれば、マジックの基礎が覚えられ、一般人がするマジックの種は大体分かるようになります。

ここで私は一歩成長しました。

本に書いてある、マジックの基礎を覚えたので、プロのマジシャンが実際にテレビで披露している最中に「あ、ここでこのテクニックを使っている」というのが少しずつ分かるようになってきたのです。

「ここでカードをすりかえたのか」

「いまこっちの手の中に隠してあるのか」

というように分かるようになり、テレビを録画し、何度も一時停止と再生を繰り返し、時間はかかるものの、プロのマジシャンがするマジックを実際にできるようになって言ってのです。

こうしていくうちにほとんどのマジックの種はわかるようになっていました。

プロの方はマジックのテクニックを融合し、そのバリエーションをいろいろ考え、それを種として、マジックショップに販売しているのです。

私は、どんなマジックも見破られるようになり、テクニックが解説されている、マジック専門書を買い、また、市民図書館で借りたりし、独学でマジックを勉強していました。

お金がなくてもマジックを覚えられるということを証明することができました。

 

もし、今からマジックを覚えたいっていう方が現れたら、ぜひ私がマジックを教えてあげたいです。また、どのようにマジックを習得するかのノウハウを伝えていきたいです。

 

もしこの記事を読んで、読んでいる方で、興味がある人はコメントなりしてください。

きっと、みなさんが知りたいことや、いいアドバイスをしてあげれると思います。

 

今回は私の趣味であるマジックについて記事を書かせていただきましたが、どうでしょうか?

少しはマジックに興味を持ちましたでしょうか?

マジックは人々を楽しませることができ、相手と親しくなれ、自分自身も成長できるとってもいいツールです。

一つや二つ、マジックを覚えてみてはいかがでしょうか。