ノイカンパニー

話題を発信‼︎

一目惚れさせるテクニック

ひとめぼれさせるテクニックを紹介します。
まず、ひとめぼれについて解説すると、ひとめぼれとは、相手の顔をひと目見て好きになることです。
ひとめぼれを人間がすると5秒から7秒無意識に相手の目を見ると研究で分かっています。
普通、相手の目を見る場合、1秒程度しか相手の目を見ません。長くても2秒です。

でも、ひと目ぼれをすると長い時間無意識に相手の目を見てしまうのです。
これを利用すると、相手の目を自分に向かせ、5秒から7秒見させてしまえばいいわけです。
では、どうやって相手に自分の目を見させるか、あなたならどうしますか?
まずは自分で考えてみてください。

考えましたか?
みなさん考えて、出てくるものは同じだと思います。
「相手の目を自分が見る」が最も効果的です。
自分が相手を見つめていると、相手もそれに気づき、こちらの目を見てきます。
相手に5秒から7秒見てもらうには、気づいてもらうまでの時間と、目があっている時間の両方なので、10秒以上相手の目を見ましょう。このとき注意しなければいけないのが、周囲の視線です。
あまり見すぎると、周囲の人に変に見られ、後々、ややこしいことにつながるかもしれません。
できるだけ、周囲に悟られないようターゲットを見つめましょう。
もし相手がこちらに気づいても、動揺してはいけません。
チャンスなのです。
しっかり見つめあいましょう。
相手がこちらを長く見つめれば、あなたにひとめぼれしていると錯覚します。


恋愛は、好意をお返しすることが大事です。
相手に好きになってもらうには、自分が相手を好きにならなければなりません。
自分が相手のことを好きなことは、相手にどんどん知らせましょう。
好意を前面にアピールするのです。
ここから、恋愛が始まります。
相手が自分の好意に気づけば、相手も好意を返してきます。



相手の視線を自分に向けさせるには、座る位置にも注意が必要です。
相手とデートに行って、お店に入り、席に座る時は、注意しなければならないことがあります。
それは、相手の視線が自分に向けやすいかです。
従業員が動き回っている姿が相手に見えるのはよくありません。
お客さんがお手洗いに行くために席を立つ姿を見るのもいけません。


ここぞという場面では、光を背負うようにしてください。
無い言ってんだ?って言われるかもしれませんが、これは重要なことです。
でも、これだけで自分の存在を大きく見せることができます。
では、どうやって光を背負うのか?
それは、太陽を背中に向ける位置に立つのです。
お店では、窓際に座りましょう。
相手はあなたにオーラを感じるようになり、光を多く見ることで、相手は目が疲労し、受動的になります。
伝えたいことがあるときは、必ず光を背負ってください。


マッチング効果を使いまくろう。
マッチングとは共感のことです。
相手に合わせると言う意味でもあります。
どうやるのかと言うと、相手が言ったことに「私もそう思う」と共感しましょう。
すると相手は、あなたが自分を理解していると思い好きになります。
「信頼」「共感」「同調」は相手と仲良くなる上ですごく大切です。
相手と信頼関係を築くうえで、大事なラポール(信頼感)を多く作りましょう。


好きな相手が自分のことをどれぐらい好きになったか調べる方法で、グラス効果を使いましょう。
お店に行き、自分のお水の入ったグラスを相手のグラスに近づけて置いてみましょう。
自分でお水を飲み、持ち上げたお水をテーブルに置くときに相手のグラスと近い位置に置くようにしてください。
相手がそのグラスを遠ざけなければ、あなたとの距離は近い証拠です。


相手との距離を調べる方法は、先ほどのグラス効果実験です。
では、相手との距離を近づける方法です。
それは、ボディータッチをしましょう。
日本人は欧米人に比べ、ボディータッチが少ないです。
ボディータッチをするかしないかで、相手との信頼関係は大きく違います。
これで相手との距離も近づきます。


相手にひとめぼれさせる方法は上記で述べました。
ちょっとハードルを下げた方法をご紹介します。
相手との目が合う回数を増やしてください。
これだけです。
単純に目が合う回数を増やすことで相手の潜在意識に働きかけるよう何回も目を合わせましょう。


伝えたい言葉だけ相手の目を見ましょう。
これもマーキングの手法です。
あえてしたお向きながらしゃべっておき、最も伝えたい言葉だけ言うときに目を合わせましょう。
無意識に相手の脳に残るように訴えかけましょう。


言葉はオウム返ししましょう。
相手が赤が好きと言うと、あなたも私も赤が好きと言いましょう。
これをバックトラッキング効果と言います。
相手に共感していると伝え、気が合うと思わせましょう。

また紹介します。