ノイカンパニー

話題を発信‼︎

相手を観察する箇所はココ!

こんばんは!
今回は観察する場所について書きます。


まず、観察するところは瞳です。
目を見るのです。
単に目を見るのではなく、瞳孔を見てください。
瞳孔が大きいか狭いかです。

光が多く目に入ってくる場所では、瞳孔は狭くなります。
光があまり目に入ってこないくらい場所では瞳孔が大きくなります。
光に関係なく瞳孔が大きくなったり小さくなったりするときがあります。
それは、相手に魅力を感じているときです。
相手のことに興味を持つと瞳孔は大きくなります。
また、怒っているときも同様に大きくなります。
この二つには興奮した状態だから動向が動くのです。


相手が自分を見て興味関心、魅力を感じているかは目の瞳孔を見てリサーチしましょう。


次に観察するところは、口元です。
唇を見てください。
人間は怒っていると口を尖がらします。
緊張しているときは乾燥します。
相手が自分のことを良いように思ってない場合、口はギュッとしぼむような形になり、相手が自分に興味があるときは、口元は緩みます。リラックスしている状態も同じです。
いかに相手をリラックスさせられるかが重要です。


この二つを意識して街中を歩いてみてください。
観察のいい練習になります。

次に笑顔を見てみましょう。
人間誰しも愛想笑い(作り笑い)をします。
あなたといるときに、作り笑顔をしていては、恋はうまく行きません。
いかに相手をリラックスさせられるかが重要だと上記で述べました。
本当に相手が笑っているか見分ける方法を解説します。

相手がウソの笑顔をしている場合は、口は笑っているけれど、目が笑ってい無い時です。
口はニコッとしていても目が全く動かないのは、作り笑いです。
逆に、目がしっかり笑えているのに、口が全く動かない場合、それも作り笑いです。
これは、単に微笑んでる程度に見え、作り笑いと気づきやすいです。
相手がリラックスして本当に笑えているか観察する力をつけましょう。
日ごろから喫茶店などで、誰かが話をして笑っているのを観察しときましょう。
きっと、作り笑いをしている人がいるはずです。(笑)


次は手を見てみましょう。
手が机などの下にある場合緊張しているかもしれません。
手がもじもじしている場合は頭のなかももじもじしている場合が多いです。
相手をリラックスさせて、手を見える位置に持ってこさせましょう。

足も同じです。
足が固まっている場合、緊張しています。
足が楽な姿勢をしているときは、リラックスしている証拠です。


次はからだ動きを見てみましょう。
話をしていて、相手の体が縦に動いていたら真剣にあなたの話を聞いています。
もし、それが逆で、横に動いていたら、早く帰りたいと思っています。
話の内容を面白くしてください。


以上が観察するポイントです。
他にもたくさんありますが、感単に誰でも観察することができる箇所を説明させていただきました。
まずはここに書いている箇所を観察してください。

またレベルの高い観察箇所について書きます。